智久
智久
ダイエットアドバイザーの 藤田智久です。

 

 

 

今回は、近年注目されてきた「腸内フローラダイエット」について、藤田紘一郎先生の下記の著書中の「成功するダイエットの法則」を実践して、短期間で痩せる効果的な実践法をご紹介します。

 

 

この記事はこんな方にオススメ
・年齢とともに痩せにくくなった方
・お腹周りが気になる方
・毎日ヨーグルトを大量に摂るのが大変な方
・腸内フローラダイエットを実践しても実感がない方

 

腸内フローラダイエットとは

最近、「腸内フローラダイエット」が注目されているようですが、そもそもどんなダイエットなのでしょうか?

そこで、まず「腸内フローラダイエット」に関する基本的なことから確認しましょう。

腸内フローラとは

「腸内フローラダイエット」の基本として、まず「腸内フローラ」について知る必要があります。

腸内フローラについて、アサヒグループ公式チャンネルの公開動画で簡潔に紹介されています。

 

要点

  • 腸内フローラは人のお腹の中にいる沢山の腸内細菌という生き物でできている

   100種類以上100兆個以上の細菌 合計重量約1.5Kg

  • 人と腸内フローラの関係は共生関係

   腸内フローラが元気がなくなると人は病気になってしまう。

 

人は健康や美容のため、腸内フローラを元気にすることが大切なことはわかりましたね。

それでは、元気な腸内フローラを作るためにはどうすればよいのでしょうか?

それにはまず、腸内フローラを構成する腸内細菌の働きを知らねばなりません。

 

腸内細菌の働き

腸内細菌研究の第1人者 藤田紘一郎博士先生の動画で腸内細菌の働きを確認しましょう。

要点

  • 人は自分だけで生きていると思うのは大間違い
  • 腸内細菌が栄養や酵素を作るので腸内細菌が居ないと人は生きていけない
  • 人だけでなく、すべての動物も同様
  • きれいにしすぎると腸内細菌が減ってしまい、その結果、免疫力が落ち、栄養が吸収できなくなる
  • 善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスをよくすることが大切

腸内細菌のバランスを改善するダイエット

腸内フローラダイエットとは、腸内細菌のバランスを改善することで太りにくく痩せやすい体質になるダイエットの実践法です。

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌が一定の比率で存在していますが、これまでは善玉菌を増やすことばかりが重視されていました。

現在注目されているのは多数を占める「日和見菌」の存在です。

つまり、日和見菌中のデブ菌を撃退しヤセ菌優位の腸内環境につくることでできるダイエットです。

デブ菌は、その名の通り食べ物からエネルギーをより多く吸収し、体にためこみやすくする、つまり、太りやすくする性質があります。

一方、ヤセ菌はその反対の性質を持ち、食べ物からのエネルギー摂取はほどほどですが、それだけでなく、体にとって有益な物質を生み出すことがわかっています。

従って、善玉菌と悪玉菌の場合と同じようにここでも重要になるのは デブ菌とヤセ菌のバランス”なのです。

デブ菌、ヤセ菌のどちらの菌も日和見菌に分類されますが、善玉菌と悪玉菌の場合と同じようにここでも重要になるのは ”バランスの問題”なのです。

 

成功するダイエットの法則とは

藤田紘一郎先生によると

私も十数年前までは、今より10キロも太っていました。

ところが今は、標準体重を苦もなくキープできています。

私自身が「成功するダイエットの法則」を知り、それに日々したがっているからです。

それだけで、太ることもありません。

人の体には、2つのタイプがあります。

  • ペストのスタイルを上手にキープできるタイプ(ヤセ体質)と、
  • 少し食べただけでも太ってしまうタイプ(デブ体質)    です。

両者の違いは生まれ持ったものではなく、毎日の食事でつくられるものです。

後者のタイプであったとしても、毎日の食事しだいで前者になることはでき、そうなれば人はむやみに太ることがなくなります。

こんなにすごい「成功するダイエットの法則」が、なぜ周知されてこなかったのでしょうか。

それは、この事実が最近になってわかってきたことだからです。

智久
智久
あなたがダイエットに成功するためには、あなたは「ペストのスタイルを上手にキープできるタイプを(痩せ体質)」になる必要がある事がわかりますね。

 

次に、藤田先生が実践中の3つの「成功するダイエットの法則」をご紹介します。

 

法則1.デブ菌に腸を占拠させない!

腸内フローラダイエットで痩せる法則の1つめは「デブ菌に腸を占拠させるな!」です。

 

デブ菌とは日和見菌に属する細菌群

私たちの腸には、デブ菌がすみついています。

一人ひとりの腸には、200種類、100兆個もの腸内細菌がいます。

その中に、宿主である私たちを太らせる性質を持つ細菌群があることがわかってきたのです。

これを「デブ菌」と呼びますが、正確には、「フィルミクテス門」というグループに属する細菌たちです。

私たちの腸には、「フィルミクテス門」「バクテロイデス門」「アクチノバクテリア門」「プロテオバクテリア門」という、主に4つのグループの細菌群がすんでいます。

 

 

一般的には、この4門のうち、アクチノバクテリア門は善玉菌プロテオバクテリア門は悪玉菌の集合体といわれます。

また、フィルミクテス門とバクテロイデス門は日和見菌に分類されています。

つまり、デブ菌とは日和見菌に属する細菌群ということになります。

腸内でデブ菌が優勢になると太る!

 

そのデブ菌のグループには、糖類を代謝する遺伝子の多い菌種が目立ちます。

簡単に説明すれば、宿主がものを食べると、そこから子不ルギーを強くとり立てて、腸から吸収させる働きを持つ細菌が多いのです。

したがって、デブ菌が腸内で優勢になると、わずかな食べ物からも大量のエネルギーを吸収する体になってしまいます。

体が消費しきれなかったエネルギーは、脂肪へと変換され、細胞に蓄えられます。

それがぜい肉となって体につき、人は太るのです。

こうして考えれば、人が太る理由は明らかです。

腸内バランスが乱れて、デブ菌が増えているからどんどん太るし、がんばってもやせられないのです。

「そんなに食べているつもりはないのに、やせられない」と感じている人は、間違いなくデブ菌の活動力が高まっています。

 

腸でデブ菌が優勢になっていれば、どんなにストイックに食事制限や運動を行ったとしても、なかなかやせられないばかりか、気をゆるめたとたんにリバウンドしてしまうのは、当然のことなのです。

 

腸内のデブ菌を増やさない

では、どうすれば腸内のデブ菌を増やさずにすむでしょうか。

デブ菌の好物を与えないことが第一

細菌は、自分たちの繁殖に都合のよいエサを得て数を増やし、活動力を高めていきます。

そうだとするならば、デブ菌の好物を与えないことが第一です。

デブ菌の好物

脂肪や糖質の多い高カロリーの食事を、時間を問わず食べたいとき に食べる行為こそが、デブ菌の増殖をうながす元凶です。

甘いお菓子、瘋やされますよね。脂肪分たっぷりの菓子パン、おいしいですよね。

唐揚げや餃子などのお惣菜、何個食べても手がとまりませんよね。

いずれも一つ一つは小さな塊です。

でも、無自覚にポイッと口にするその行為こそが、腸の中のデブ菌にエサを与え、繁殖させることになっているのです。

今度、ポイッと口にお菓子を入れたり、脂肪分たっぷりのお惣菜を食べたりしたときには、こう思ってください。

「ああ、またデブ菌にエサをあげてしまった」と。

デブ菌の存在を意識することから、あなたのデブ人生は変わっていきます。

 

 

レトルト食品やファストフード、コンビニ弁当などに注意

腸内でもっとも多い細菌群は、デブ菌であるフィルミクテス門のグループです。

人類の長い進化史において、人は幾たびもの飢餓を経験し、それを乗り越えて命をつないできました。

食べ物に乏しい環境下で生き延びるには、効率よく栄養素を吸収してくれるデブ菌を腸にすまわせることが必要だったのでしょう。

しかし今は違います。

私たちは、食べ物のあふれる時代に生きています。

安価で手軽に口にできる食べ物のほとんどが、デブ菌の好きな脂肪分と糖質を多く含んでいます。

デブ菌の格好のエサ:コンビニ弁当

レトルト食品やファストフード、コンビニ弁当などは、脂肪と糖の塊のような食べ物です。

まさにデブ菌の格好のエサなのです。

こうした現代に生きる私たちにとっては、デブ菌を無造作に増やすことは肥満を引き起こし、健康を壊す原因ともなってきます。

 

法則2.ヤセ菌の好物を選んで食る!

腸内フローラダイエットで痩せる法則の2つめは「ヤセ菌の好物を選んで食べろ!」です。

 

デブ菌のライバルであるヤセ菌を増やす

現代は、デブ菌の格好のエサがあふれるげ時代です。

だからこそ、私たちはデブ菌に好き放題させてはいけないのです。

そのためには、デブ菌のライバルであるヤセ菌を増やすことです。

ヤセ菌とは

腸内でデブ菌ことフィルミクテス門の次に多いのは、バクテロイデス門のグループです。

このバクテロイデス門こそが、私たちを肥満から救ってくれるヤセ菌です。

ヤセ菌の働き

バクテロイデス門の細菌は、フィルミクテス門の細菌のように、食べ物からしつこくエネギーをとり出すことはしません。

よって、ヤセ菌が優勢の腸では、肥満の原因となる脂肪や糖質の吸収率が低くなります。

 

しかも、ヤセ菌は、食物繊維を消化する過程で、肥満や糖尿病を防ぐのに重要な「短鎖脂肪酸」という物質をつくり出してくれます。

 

肥満解消には短鎖脂肪酸の働きが欠かせないことも、最近の研究によってわかってきています。

短鎖脂肪酸はやせ体質になる万能成分

「これさえ食べれば健康になれる」という万能食は存在しません。

しかし、「これが腸内で多く生成されれば、やせ体質で健康になる」という万能な成分はあります。

それは「短鎖脂肪酸」です。

 

短鎖脂肪酸の働き

短鎖脂肪酸は人の体内で次のような働きをします。

  • 脂肪の蓄積を減らし、全身の代謝を活発にして肥満を防ぐ
  • 糖尿病を直接的に改善するホルモン「インクレチン」を増やす
  • アレルギー反応を抑える細胞「制御性T細胞」を増やす
  • 「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌をうながす
  • 腸のバリア機能を高め、食中毒や炎症、食物アレルギー、動脈硬化、がんなどの病気を防ぐ
  • 短鎖脂肪酸がつくられる過程で腸内細菌から水素が発生し、細胞の酸化を防ぐ
  • 腸管が活動するためのエネルギー源になる

まるで万能薬のような働きです。

短鎖脂肪酸は、ダイエットにも健康増進にもよく働いてくれる物質なのです

 

短鎖脂肪酸の増やし方

 

この、”万能薬”は、どうすれば増やせるでしょうか。

それは、ヤセ菌であるバクテロイデス門の腸内細菌を増やすことです。

ヤセ菌には、食物繊維やオリゴ糖をエサにして、短鎖脂肪酸をつくり出す働きがあるのです。

 

そしてこの”万能薬”は、食物繊維やオリゴ糖の摂取と一緒にをとることで、体内の生成量を増やせることがわかってきたのです。

なぜなら、酢に含まれる酢酸こそ、短鎖脂肪酸の一つだからです。

 

 

管理栄養士による解説動画

なお、ダイエット効果のある短鎖脂肪酸と効果的な食材について管理栄養士の圓尾和紀先生の解説動画が参考になるでしょう。

 

 

 

短鎖脂肪酸には、他にも「酪酸」や「カプロン酸」があります。

これらは、バターやチーズに含まれます。

ただ、バターやチーズは脂肪分が多いため、少量食べる分にはよいとしても、とりすぎればかえってデブ菌を増やし、肥満につながります。

一方、酢はヘルシーで発酵食品でもあります。

 

ですから、毎日摂取することで肥満の解消に役立てていけるのです。

 

法則3:「ダイエットフード」を常備する!

腸内フローラダイエットで痩せる法則の3つめは「ダイエットフードを常備しろ!」です。

ダイエットフード「つくり置き」のすすめ

 

藤田先生の著書『ヤセたければ腸内「デブ菌」をへらしなさい!』では、ヤセ菌と善玉菌を増やし、活動力を高めるための「ダイエットフード」を10章にわたって紹介していきます。

藤田先生によると

 これらをすべて毎日食べなくてはならないというわけではありません。

この中から気に入ったものを2~3種類でよいので食べてください。

そこで実践していただきたいのが「つくり置き」です。

本書で紹介するダイエットフードを常備茱として準備しておき、冷蔵庫にストックしておいてほしいのです。

それを自宅で食事をする際に、毎日の料理に加えて食べましょう。

ヤセ菌と善玉菌は好物を与えられると元気になり、働きを活性化させます。

とのことです。

単一の食材で行うダイエットは続かない

ではなぜ、―種類のダイエットフードではなく、数種類を用意する必要があるのでしょうか。

答えは、「どんなに優れた食品であっても、万能ではない」からです。

私たちの体はさまざまな栄養素に支えられて健康を保っています。

―つの食材ですべての栄養素を十分に備えているという万能食は、この世にありません。

「これだけ食べていればやせられる」と単一の食材を万能のように見せる「OOダイエット」という方法がよく流行しますが、あれはまやかしにすぎないことを忘れないでください。

1つの食材だけ毎食とれば、あとは好き勝手に食べてよいというのもインチキです。

好き勝手に食べて、そこにデブ菌のエサが大量に入っていれば、デブ菌の勢力が増してしまい、ヤセ菌は簡単に追いやられてしまうでしょう。

こうなっては、そのダイエットをやめたとたんにやってくるのは、リバウンドです。

何より、単一の食材を毎日とり続ける方法は、人を飽きさせます。

どんなおいしいものも、そればかり毎日食べていたら飽きますよね。

だから「○○だけダイエット」という単一の食材で行うダイエットは続かないのです。

その証拠に、毎年、新たなダイエットの方法が生まれては消えていきます。

そもそも、単一の食材で根気強くダイエットできるような人は、今、太ってはいないはずです。

ダイエットフードは常時数種類を用意しておく

だからこそ、ダイエットフードは常時数種類を用意しておくことが大事です。

いくつかの食材を組み合わせて使えば飽きることも少なくなります。

たとえ飽きてしまっても、他の方法を知っていればスムーズに次へ次へと変えていくこともできます。

そうやって2週間続けていくうちに、腸内では菌交代が起こってきます。

そして、デブ菌優勢の腸からヤセ菌優勢の腸へと変わってくるのです。

1ヵ月が過ぎれば、ヤセ菌優勢の腸が定着してきます。

2ヵ月が過ぎれば、少々食べすぎてしまっても、太りにくい腸ができあかっていることでしょう。

おすすめのダイエットフード

それでは次におすすめのダイエットフードをご紹介します。

前述のように、藤田先生の著書『ヤセたければ腸内「デブ菌」をへらしなさい!』では、ヤセ菌と善玉菌を増やし、活動力を高めるための「ダイエットフード」を10章にわたって紹介していきます。

ここでは、その要約をご紹介します。 詳しくは本書を参照してください。

第1章:「ヨーグルト・ホエイ」でデブ菌を黙らせよう

ヨーグルトの上澄み液「ホエイ」には、やせホルモン「インクレチン」の分泌をうながすたんぱく質が豊富。
しかも、デブ菌のエサとなる、ヨーグルトの脂肪分はとり除かれています。

毎朝「ホエイ」を飲むことで、デブ菌の数を減らし、ヤセ菌優位の腸内環境をスムーズにつくっていけるだでしょう。
あなたの体にどんな変化が現れるか、まずは2週間続けてみましょう。

第2章:「酢キャベツ」で「やせ体質」になる

「もっと食べたい」と食欲を止められないのは、脳がストレスから解放されたがっているから。

その欲求にしたがって食べている限り、デブはやめられません。

食事の最初に「酢キャベツ」「食前キャベツ」をとることで、食に対する脳の依存をすんなりと断ち切ることができる。

とくに「酢キャベツ」には、胃腸の健康を増進し、高血圧を改善し、肝臓の疲労を回復させる効果を期待できる

1日1回「酢キャベツ」を食べて、やせ&健康体質になろう。

第3章:「酢タマネギ」でぜい肉の蓄積を防ごう

ヤセ菌が増えると腸内で「短鎖脂肪酸」が増える。

短鎖脂肪酸は、ぜい肉の蓄積を防いで、やせ体質になるための万能成分。

オリゴ糖と酢酸を一度にたっぷりとれる酢タマネギは、この万能成分を増やす最良の常備菜です。

「酢タマネギ」を冷蔵庫にストックしておき、いつもの料理に加えれば、ダイエットフードに早変わり。

いろいろな料理にアレンジして、ぜい肉の蓄積を防ごう。

 

なお、「酢キャベツ」と「酢タマネギ」については以下の記事で紹介しています。

太りやすい人がもっている「デブ菌」撃退!によるダイエットの実践法

第4章~第10章 については記載省略

 

手っ取り早く効果を上げる方法

これまでは、日和見筋中のデブ菌を撃退し、ヤセ菌を増やし痩せ体質を確保する食事のご紹介でした。

それと同時に、善玉菌優位の腸内環境にすることで、日和見菌中のヤセ菌を一層活性化することができます。

 

これまで紹介した酢キャベツ、酢タマネギなど食事でも、善玉菌を増やすことができますが、もっと手っ取り早く効果を上げる方法は、サプリメントを利用する方法です。

サプリメントですと作り置きの手間も不要で、簡単に摂取できます。

 

善玉菌優位の腸内環境を作るために適したサプリメントは「善玉菌プレミアムダイエット」です。

「善玉菌プレミアムダイエット」には進化した乳酸菌素材「乳酸菌生産物質」を1粒あたり、50㎎(1兆個の善玉菌に相当)も凝縮して高配合されてるので、。

腸内フローラダイエットがもっと早くて簡単になるという腸内フローラサプリです。

 

まとめ

腸内フローラダイエットとは、腸内細菌のバランスを改善することで太りにくく痩せやすい体質にになるダイエットです。

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌(デブ菌、ヤセ菌)一定の比率で存在しています。

腸内環境を良くするため、これまでは善玉菌を増やすことばかりが重視されていましたが、現在注目されているのは多数を占める「日和見菌」の存在です。

日和見菌」中のデブ菌を撃退してヤセ菌の優位性を高めることがダイエットのみならず健康ためにも有効ことが分かってきました。

特にヤセ菌が作り出す単鎖脂肪酸の働きと健康効果が注目されています。

 

成功する3つのダイエットの法則とは

1.デブ菌に腸を占拠させない!
デブ菌の好物を与えないことが第一
レトルト食品やファストフード、コンビニ弁当などに注意

2.ヤセ菌の好物を選んで食る!
デブ菌のライバルであるヤセ菌を増やす
短鎖脂肪酸はやせ体質になる万能成分です

3.ダイエットフードを常備する!

特に酢の健康効果は注目すべきで、今回はデブ菌を撃退のための作り置き食品として「酢キャベツ」と「酢タマネギ」をご紹介しました。

 

また、手っ取り早くヤセ体質になるための方法としてサプリメントの利用も有効です。

善玉菌優位の腸内環境を作るために適したサプリメントは下記の記事で紹介中です。

納豆菌サプリ【やまとなでしこ】の即効性は?最短で痩せる秘訣とは…

善玉菌プレミアムダイエットを飲んでもっと早く痩せる方法を公開!

 

作り置き食品とこれらのサプリメントを併用することで、「成功するダイエットの法則」を実践でき、短期間で痩せる効果的なダイエットが可能となるのです。

 

「成功するダイエットの法則」を短期間で実践できるサプリメントについて私のお墨付き商品としてもご紹介中です。

 

 

おすすめ

無料お問い合わせサービスのご案内

 

只今、無料相談受付中です。

智久に無料で相談してみる

 

記事内容に関するご質問や

糖質制限のお悩みなど

こちらからお気軽にご相談ください。(^^♪

 

ダイエットアドバイザー藤田智久でした。